アレッポの石鹸

石鹸や化粧水などはご自分で探されたほうが無難だと思いますが、もしなかなか見つからなくて困っているとしたら管理人のおすすめのスキンケア商品を紹介しますので、参考にしてください。

管理人は極度の乾燥肌でしたので、乾燥肌の人にはおすすめできる基礎化粧品だと思います。

まずは石鹸です。
アレッポの石鹸という、オリーブオイルとローレルオイルで作られた純石鹸を使っています。
この石鹸は乾燥肌の人にはかなりおすすめできます。
特徴はなんといっても、汚れはしっかりと落としてくれるのに洗い上がりが驚くほどしっとりするというところです。

合成界面活性剤などをふんだんに使った洗顔フォームなどで顔を洗うと、洗い上がりがしっとりしているものもあります。
しかし管理人の肌には、洗浄力が強すぎるのか合成界面活性剤などの成分に反応してしまうのか、かならず何時間後には顔が真っ赤になっていました。

それで何年かは「カウブランド」や「ねば塾」の純石鹸を使っていました(ドラッグストアなどに売っている真っ白でほぼ無臭のやつです)。
これはけっこうよかったのですが、やはり洗浄力(脱脂力)が強くて、洗いすぎると顔や手の指のあいだなどが粉ふいた状態になっていました。
粉ふくのが嫌で、洗う時間を短めにしていたのですが、そうすると今度はいまいちさっぱりしない…
「肌質が弱いせいでこのジレンマからは一生抜けれないんだろうなぁ」とか思っていました。
しかしアレッポの石鹸がこのジレンマを完全に消してくれました。

管理人はオリーブオイルが主原料になっているDHCのディープクレンジングオイルがとても肌に合っていることに気づき、
その頃からオリーブオイルが気になっていました。
それでアレッポの石鹸がオリーブオイルで作られていて、なおかつ評判もよかったことから使ってみることにしてみました。
言い過ぎと思われるかもしれないですが、初めて使ったときに衝撃を受けました。
冬のことです。皮膚のバリア機能が壊れている顔に変化がでるまでは少し時間がかかりましたが、お風呂上りに必ず手の指の間が粉をふいていたのが、一回目の使用からそれがまったくなくなったのです。
かといって洗浄力が弱いわけでもなく、汚れはしっかりと落としてくれます。
背中とかも冬の乾燥で痒みに悩まされていたのが著しく改善しました。
洗った直後、体全体がしっとりしていて、味わったことの無い感覚だったことを覚えています。

@コスメの口コミでは☆7個中4つで評価まあまあ良い程度です。
しかしこの石鹸は匂いを嫌がる人が多いので石鹸の効力だけを考えるともう少し評価が上がりそうです。
管理人の主観では粘土っぽい匂いで、決していい匂いではないですが、別に不快な気分にはなりません。

アレッポの石鹸の口コミ(@コスメ)

アレッポ以外にも、似たような成分でできた石鹸はたくさんあります。
東急ハンズやロフトなどでいろいろ売っているので、気になる方はいろいろ試してみるといいかもしれません。

成分はオリーブオイル、ローレルオイル、苛性ソーダ(石鹸作りに欠かせないもの)、水です。
無添加石鹸です。
「無添加だから安心です」などといった単純なことを言うつもりはありませんが、よくわからない成分がいっぱい入った洗顔フォームなどよりはずっと安心といえると思います。

管理人は「きちんと洗浄」「乾燥しない」「成分安心」この3つがそろった石鹸を他に知りません。

ちなみにアレッポの石鹸は「ノーマル」と「エクストラ」の2種類があります。
「エクストラ」は洗浄力が強めになっているので、ここではおすすめしません。
もし試すのであれば「ノーマル」からお試しください。

アレッポの石鹸
アレッポの石鹸

使い方
まずアレッポの石鹸は大きいので、けっこう硬いですが包丁などで切り分けて使います
(2ちゃんねるのスレッドなどを見ると、レンジで軽く温めると切りやすいらしいです)。
写真を見てのとおり外側が茶色で内側が緑色です。
はっきりいって内側の緑色の部分は使い物になりません。
なぜなら、全然泡立たないからです。
外層は緑色の部分が熟成されて茶色になっています。
ですから緑色の部分まで使ったら何ヶ月か放っておいて、茶色くなったらまた使います。

ちなみに、茶色の部分でも普通の石鹸よりは泡立ちが悪いので、顔を洗うときには泡立ちネットを使うことをおすすめします。

オルビス アクアフォースエキストラ←次のページ

いちご鼻の改善例←トップページ