手のひらで温めながら念入りに保湿

石鹸をぬるま湯で流したら、なるべく時間をあけずに化粧水で保湿します。
いちご鼻で悩んでいる人の肌は、化粧水のパッケージなどに書いてある適量をつけたぐらいじゃしっかりと保湿できないと思うので、たっぷりつけてください。
水分を含んだ肌はふっくらして柔らかいはずです。
その状態になるまで何度も何度も繰り返しつけてください。
その際に、手のひらで顔を覆うようにして温めながら浸透させることを意識してください。
管理人の場合は化粧水で保湿するのに、毎回10分くらいの時間をかけていました。

保湿が成功すると肌がとても柔らかくなるのですが、たまにいくら化粧水をつけても肌が柔らかくならず、肌が水分を含んでくれない時があります。
そのようなときは、クレンジング、洗顔、化粧水、などどこかの工程が間違っいて、角質が弱っている状態なので、自分のケアを見直してください。

化粧水をつけた後、乳液やクリームで蓋をしている人が多いと思います。
蓋をするときには必ず、化粧水で肌が湿っている状態の時にしてください。
水分の蒸発を防ぐための乳液やクリームなので、なるべく水分を肌に閉じ込めるイメージでつけてみてください。
化粧水のときと同じよう、手のひらで顔を覆うようにして温めながら浸透させます。

アレッポの石鹸←次のページ

いちご鼻の改善例←トップページ