乾燥による皮脂の過剰生産

みなさん、インナードライという肌質をご存じでしょうか?
いちご鼻がひどい人は、肌質がインナードライである場合が非常に多いです。
インナードライとはつまり、乾燥しているのに脂性。
肌が乾燥し水分量が減ると、肌を少しでも潤わそうという防衛本能により
皮脂を多量に分泌してしまう状態を言います。

この状態から抜け出さないと、いつまでたってもいちご鼻は治りません。
逆に言えば、インナードライを改善し、正しいケアを続けていればいちご鼻は治ります。

インナードライ肌でない人のいちご鼻は、角栓のつまっていない、比較的軽い症状であると思われます。
角栓がつまっていないということは、黒ずみもでません。
ただ単に、肌の乾燥で角質がダメージを受け毛穴が開いている状態です。

つまり何が言いたいかというと、いちご鼻の一番の根本原因はとにもかくにも「乾燥」ということです。
肌が水分で充ち満ちている人の毛穴はひらくことはありませんし、皮脂の過剰分泌もありえません。
皮脂の過剰分泌がなければ、角栓ができることもありませんし、酸化によるダメージをうけることもありません。

乾燥による毛穴の開きと皮脂の付着←次のページ

いちご鼻の改善例←トップページ