乾燥による毛穴の開きと皮脂の付着

肌の乾燥が進むと、角質が貧弱なもの(ガサガサ)になり、皮脂がこびり付きやすくなってしまいます。
肌が乾燥し、角質がボロボロになってくると毛穴の開きが目立ちます。触った感触も硬いです。
毛穴につまって固まった皮脂は角栓となり、洗顔では非常に落としにくくなってしまいます。
ちゃんと水分が保持できている肌はとても柔らかく、角質の細胞と細胞が脂質によってしっかりと繋ぎとめらることによって、
平面になっているので皮脂がこびり付くことはありません。
洗顔で簡単に落ちるのです。

洗顔で落とせなかった皮脂が酸化←次のページ

いちご鼻の改善例←トップページ