オルビス アクアフォースエキストラローション&ジェル

次に化粧水とジェルを紹介します。

管理人が使っているのはオルビスのアクアフォースエキストラです。

オルビス アクアフォースエキストラ

まず、アクアフォースエキストラはオルビスのアクアフォースシリーズの中で若干値段は高めですが一番乾燥肌向きになっています(現在はエクセレントエンリッチシリーズの「よりしっとり」の方が一番乾燥肌向きです)。

オルビスのスキンケア商品はすべて100%オイルカット(無油分)です。
オルビスを選んだキッカケは単純に、管理人が考える理論とオルビスが考える理論が一致していたからです。

管理人はインナードライを改善させれば、いちご鼻も良くなると予想していました。

インナードライは肌の水分量が少なく、それを補おうと皮脂が過剰に分泌されてしまう肌質です。
つまり水分量が少なくて、油分量が多い状態です。
インナードライから抜け出せない人は、肌にうまく水分を留めておくことができないからということになります。
なぜ肌に水分を留めておけないかというと、それは角質の形成が未熟でうまくいっていないことが考えられます。
角質が未熟だとすき間だらけで、水分を繋ぎとめておくことが困難になり、蒸発しやすくなります。
均一ではないガタガタの角質から水分の蒸発を少しでも防ごうという防衛本能が皮脂を過剰に分泌し、その皮脂がガタガタの角質や毛穴に入りこみ、洗顔などで簡単に落とすことができなくなってしまいます。
そうなると洗顔で落としきれなかった皮脂が肌に酸化ダメージを与えたり、毛穴の中で固まり角栓となります。
これは悪循環で、いちご鼻を悪化させます。

ではどうすればいいかと考えたときに、ひ弱な角質にうまく水分を留めさせ、皮脂の分泌を正常化させるということが浮かびます。
普通は化粧水で保湿し、蒸発して水分が無くなるのを防ぐために乳液やクリームといった油分で蓋をします。
しかし、インナードライの肌はタダでさえ皮脂が過剰に分泌するのに、さらに乳液やクリームとなると今度は油脂分過多になり、酸化ダメージを受けやすくなるという問題がでてきます。
管理人は実際に何年も化粧水→クリーム類という手順で保湿をしていました。
確かにしっかりと保湿をした後に、油分で蓋をすると肌は潤うのですが、肌がピリピリと炎症を起こしたりニキビができたりとトラブルが多かったです。それに顔がベタベタするのと、毛穴が塞がれてしまって皮膚呼吸できない感じがすごくが嫌でした。
これは「油分で蓋をしないと乾燥する」と「油分で蓋をすると様々なダメージを受ける」の板挟みです。
管理人はこれを解決してくれるのは、今のところオルビスのアクアフォースエキストラしかないと思っています。
なぜなら、油分を使っていないのにしっかりと潤うからです。
あまり科学的な詳しいことは分かりませんが、オルビスのアクアフォースシリーズは水と水がくっつくようになっているらしく、水分のベールが肌を包み込むんだそうです。
「水のチカラ」や「100%オイルカット」をうたい文句にしていて、オイルカットなのにしっかりと潤うというのが人気の秘密ということを自社サイトにも書いてあるのですが、管理人も正にその通りだと思っています。
しかも乳液などと違って、ベタベタしないのに潤うところが凄いです(つけた後すぐは少しベタつく)。

ここで少し、オルビスのサイトに書いてあることを二つほど抜粋します。

オルビスの代名詞とも呼べるのが、100%オイルカットスキンケア。オイルカットなのにうるおいを実感できると、 1987年の発表以来、年々ファンを拡大し続けています。
その基本となるのは、独自の“オイルカット理論”です。美しく健やかな肌の条件を満たすカギは、角層に充分なうるおいが保たれていること。
肌にとってほんとうに必要なものと必要でないものを、科学の目から見つめると、肌が求めるものは油分ではなく「水分」だったのです。
キメ、ハリ、透明感。美しく健やかな肌を保つために大切なのは、
角層のうるおいを十分に保つこと。
そのための成分として、これまで化粧品に必要とされてきたのが油分です。
でも、油分は肌表面を覆うことで、一時的に肌の水分を閉じ込めるものであり、肌のうるおいそのものではありません。
また、一旦酸化してしまった油分は肌の上で酸化しやすく、くすみや肌荒れの原因になることも。
肌に必要な油分は、自然に分泌される皮脂や肌の中でつくられる
細胞間脂質で十分なのです。

ということです。
肌を油ではなく水分で満たすことは美肌のみならず、いちご鼻改善にとっても重要なことだと思います。

とまあ長々と書いてしまいましたが、
このページを簡単にまとめると、油分の酸化ダメージのことを考えると、油分を使わないでも十分に保湿できるオルビスのオイルカット基礎化粧品がいいということです。
乳液やクリームなしでも潤うならオイルカットに越したことはありません。

基礎化粧品は人それぞれ合う合わないがあります。
でももし今、ご自分に合う基礎化粧品が見つからないという方には是非試してみて欲しい基礎化粧品です。
あくまで管理人の主観ですが、敏感肌、乾燥肌、乳液やクリームで顔が赤くなってしまう人には特におすすめです。
オルビスのサイトから洗顔料、化粧水、ジェルの3週間分のお試しミニセットが買えます(ちなみに洗顔料は洗浄力が強すぎて個人的にはおすすめできません)。
アクアフォースエキストラ|オルビス

※2014年1月10日更新
管理人は現在オルビスのエクセレントエンリッチシリーズ(よりしっとりの方)の化粧水とクリームを使っています。
アクアフォースエキストラよりも後にでたシリーズで、保湿力がこちら方が格段に高いと感じたからです。
保湿力が強力なわりに、オイルカットなので重みを感じない上、成分による刺激もないので非常に気に入っています。
アクアフォースエキストラもよいですが、より保湿力を求めるならこちらをおすすめします。
「よりしっとり」の方の化粧水をラインに取り入れるだけでも潤いの違いを感じられると思います。
なおこのシリーズもアクアフォースエキストラ同様、洗顔料は刺激が強すぎて個人的におすすめできません。



いちご鼻の改善例←トップページ